使命を持って生まれた者

幻想的な風景

選ばれし光の子

ライトワーカーとは、人々を霊的に導く使命を負って生まれた聖なる人々のことです。生まれながらに特別な仕事を背負っているわけですが、この汚れきった時代の中ではいろいろ苦労も多いようです。何しろ魂があまりに清らかなので、方便でもあっても汚れたことには拒絶反応を示してしまうからです。ライトワーカーのほとんどは、自分がライトワーカーであることを知りません。本来は無意識的な生き様の中で人々を教化してゆくべき存在だからです。しかし最近の情勢ではそれが難しいことも多く、ライトワーカーとしての自覚をそなえた上で仕事を果たす必要がある、と考えられるようになってきました。ライトワーカーの特徴を知り、自分や知人の誰かがそうでないかを知っておく必要があるでしょう。ライトワーカーにはその特別な仕事を果たす上で欠かせないいくつかの特徴があるので、まずはこれを押さえておきましょう。まず最大の特徴として、幼少期から周囲に付和雷同しない(できない)孤高の魂の持ち主であるということが挙げられます。また、導き手として生まれた性質上、地上においても医師・看護師・教師などの他人を癒やしたり導いたりする仕事に適性があります。感受性や共感力が非常に強く、強い刺激にはあまり免疫がありません。ただしその気高い魂のあり方ゆえに、薄っぺらい表面上の共感は苦手としています。こうした性質・特徴を持っている人は、ひょっとしたら選ばれしライトワーカーなのかもしれないのです。