1つの魂が2つに分かれた

オーラ

魂の成長を促すきっかけ

人々を恐れや不安から救済することを仕事としやすい人の事を、ライトワーカーと呼びますが、自覚している人は多くありません。一説によると、自覚するチャンスの一つとして、ツインソウルに出会ったことを挙げる人がいるといわれています。ソウルメイトとは、前世において同じ目的を実現させるための仲間や、成長をし合おうと約束する仲間の事です。伴侶や親子、兄弟といった身近な存在に生まれ変わることが多く、その中でも同じ魂の片割れといえる人がツインソウルとなります。ツインソウルの特徴として、出会った瞬間にわかる事や、一緒にいると自然体でいられること、偶然何度も出会う事などが一般的です。ライトワーカーとして魂を磨き、地球の人々を癒す仕事をしている人が、男女の愛を学ぶ為、2つの魂に分かれたといいます。基本的に同じ時代、同じ地域に生まれる事が少ないとされていますが、魂の成長に従い、出会うでしょう。ツインソウルと出会ってお互いが成長するために愛し合う事が多く、それが必然のように感じる人も少なくありません。愛し合う事も魂を成長させるために必要とされ、結果、ライトワーカーとしての使命や仕事に目覚めるとされています。既にライトワーカーとして地球や人々を癒すことを仕事としている人の場合、出会ってから何らかの不思議な体験を感じる事が少なくありません。二人とも自覚がない場合や、片方だけが自覚を持つ場合には、相手の状況を確認する事で、気付きを促せる可能性があります。